環境問題の解消と持続可能な経済活動に向けてのルールであるISO規格

ISOは、国際標準化機構(International Organization for Standardization)であり、様々な国際的なルールを取り決めています。このISOでは、20年以上前の1992年に開催された地球サミットを契機として、持続可能な開発のための環境に関する国際規格が検討されISO14000シリーズとして制定されました。
ISO 14000シリーズは、環境マネジメントシステム (EMS: Environmental Management Systems) を満足しなければなりません。このISO 14000シリーズは、組織の活動・製品・サービスによって生じる環境への影響を持続的に改善することが要求されています。有害な環境影響の低減・有益な環境影響の増大・環境経営等が期待されています。
具体的なイメージを膨らませていきます。有害な環境影響の低減の観点では、パソコンなどであれば、有害な金属物質の低減があります。例えば、集積回路などの半導体部品を取り付ける際に、半田を使います。この半田を鉛から鉛を使用しない半田が導入されています。このようにして有害物質の低減が図られています。次に、有益な環境影響の増大の観点では、広く知られた太陽光発電や風力発電等の自然エネルギー発電が挙げられます。これらの発電技術は、機器の設置後に窒素酸化物(NOx)を基本的に排出しません。例えば、二酸化窒素(NO2)は、2次的に光化学スモッグや酸性雨の環境被害が発生します。このように、自然エネルギー発電は、有益な環境影響を増大(=環境のよい影響を及ぼす効果が増加)します。更に、環境経営の観点では、工場や企業からの廃棄物の低減があります。身近な観点では、使用電力量の手減も環境経営になります。
このようにISO 14000シリーズは、環境問題に対応するために規格であって、持続可能な経済活動のために寄与するルールになります。

PR|女性向けエステ.com|オーディオ|心の童話|家計見直しクラブ|JALカード|工務店向け集客ノウハウ|GetMoney|住宅リフォーム総合情報|マッサージのリアル口コミ.com|生命保険の選び方|お小遣いNET|初値予想|サプリメント|お家の見直ししま専科|英語上達の秘訣|英語上達の秘訣|