温暖化による異常気象

地球の温暖化が問題になるようになり、さまざまなところに影響が出るようになってきていますが、その中でも問題になってきているのが異常気象です。

温暖化が起こると海面の温度が上昇をします。
海のエネルギーは非常に大きくわずかに水温が上昇しただけでも大きな雲を作り出すほどのエネルギーになります。

このように巨大な雲が出来上がれば、大きな台風を発生させたり、強い低気圧を生み出したりする原因となるのでこれまでに経験をしたことがない大雨を振らせる可能性があります。

一方で、巨大な雲が出来上がるエリアができれば、大気の循環によって逆に全く雲が出来上がらないようなエリアも作り出します。
こうした異常気象が世界各地で発生をしてしまうので温暖化が起こらないように対策をする必要があります。

具体的には温室効果ガスと言われている二酸化炭素の排出による影響が大きいので、このガスを排出しないように、機器を工夫したり、エネルギーを転換したりする必要があります。