地球温暖化に伴う海面上昇について

昨今耳にする地球の海面上昇について、地球温暖化とどのくらい関わりがあるのか説明していきます。

地球温暖化は文字通り、地球の平均気温が上昇することです。地球温暖化が進むと気温が上がっていくので、南極の気温も上昇し、それに伴ってどんどん氷床が融けていきます。誰もが知っているように、氷は融けると水になるので、南極の氷も融けると海水として海に流れ込んでいき、海面上昇が引き起こされるのです。また、地球温暖化によって海水の温度も上がるため、海水の体積が膨張して海面が上昇するというのも、海面上昇を引き起こす原因になります。ちなみに、北極はもともと海水によって氷が作られているので、北極の氷が融けても海面上昇には影響しません。

このまま海面上昇が続くと、私たち人間が生きる土地が徐々に縮小されていきます。海面上昇によって一番初めに沈むのは、オセアニアに位置する島国のツバルだと言われており、実際に年を重ねるごとに陸地が少なくなっているそうです。日本も島国なので、海面上昇が続けば人間が住む大地が海に飲み込まれる可能性もあります。人が住める土地が減ると人口密度が高くなり、食糧不足をはじめとした諸問題が必ず起こります。海面上昇はただ土地が減るだけでなく、人類の存亡をも左右する大問題であると言っても過言ではありません。

どのみち、海面上昇を抑えるには、地球温暖化を阻止することが主要命題になります。地球温暖化に歯止めがきかなくなると、海面上昇を助長するだけです。結局、地球温暖化を防ぐことが、海面上昇を防ぐうえでは何よりも大切なことでしょう。

PR|http://www.technofer.co.jp|